↓公式サイトはこちら↓


デリケスキン

デリケートゾーン黒ずみ治す 今できることから

春に向けての悩み事は?
なんといっても開放的な季節までに肌ケアをしたいということが1番。
デリケートゾーン黒ずみ治すにはどうしたらいい?

 

これはとっても難しい課題ですよ〜ほんと。
何が難しいかっていうと、ダイエットと同じで続けることが難しい。

 

そんなところをまとめてみました。

 

黒ずみの原因については、このサイトの”デリケートゾーン黒ずみ原因”の記事にまとめてあります!
よろしかったらお読みくださいね。

 

なぜ黒ずむのか?

 

そもそも、vioまわり、デリケートゾーンはどうして黒ずむのでしょうか?
ここからは、従弟の薬学博士、コスメ会社研究員Dr.HSに聴いたことを元にまとめてみます。

 

黒ずみやすい日本人、だから紫外線対策

 

これはちょっと大変な事実ですが、紫外線は目からも入るので、直接的に当たっていなくても影響は受けています。

 

紫外線は黒ずみの原因になるメラニンを造る一番の犯人。
なので、紫外線対策はとても大事。

 

しかも、さらに怖いことに(本当に怖いので注意して読んでくださいね)、
「日本人女性は18歳までに人生で浴びる紫外線量の半分を既に浴びている」(医学的な見地から)。

 

うわーっつ!これじゃあ高校出たらもう残り半分っていうこと?
そうなんですよね。

 

スポーツに屋外イベントにと、学生時代に浴びた紫外線量はとても多い。
学校行事のたびに肌ケアバリバリのお嬢さまっていないですよね(^^)

 

それでこんなにも多くを浴びることになる。
成長期は外で元気に遊ぶ、活動するっていうのが基本的な教育方針なので、美容なんて考えていない。
その結果がこれ。

 

しかも、ここで追い打ちをかけるようなことを言いますが(本当に注意して読んでくださいね)、
「紫外線はDNAに記録されて消されることは無い」という怖い事実があります(医学的事実)。

 

つまり、一度浴びた紫外線量は細胞に記録されている。
それが積み上がって蓄積されていくにしたがって悪さをする原因になるということです。

 

紫外線は細胞内の遺伝伝達物質のDNAに傷を付けます。
その傷は、その細胞が新たに生まれ変わってもきろくされて引き継がれます。
ですから、一度浴びると取り消しがきかないのです。

 

それが一定量に達すると、癌化したりと、病気の原因にもなります。

 

紫外線は、地球上の全ての生物にとって危険なもの。
それで、こういうシステムが組まれているのでしょうかね。

 

そして、紫外線は浴びたところだけにとどまらず、体に影響を与えてしまいます。
デリケートゾーンを守るために、デリケートゾーンだけを気にしても足りないのです。

 

また、事務所や普段のコミュ手段としてのスマホやパソコンなども有害な光線を出しています。
ブルーグラスが流行っていますが、とても大事なことですね。

 

とにかく、黒ずみをこれ以上進行させないためには、紫外線対策をおこたりなくすることもとっても大切なケアです。

 

  • ・出かける時は冬場でも紫外線対策コスメを使う
  • ・日傘を常用する
  • ・ビタミンCなどの抗酸化ビタミンを日々摂取する

そんな工夫の積み重ねを励行しましょう。

 

普段の生活での対策は?

 

普段の生活に潜んでいる黒ずみの原因を少しおさらいします。

 

  • ・キツイ感じのインナーを常用していると、股のあたりが刺激、圧迫されてその部分が黒ずむ。
  • ・カジュアル派でジーンズなどのピッタリ系の服が多い女性は、それだけデリケートゾーンもしっかりと圧迫している。
  • ・生理用ナプキンによる圧迫や擦れ
  • ・デリケートゾーンの周囲のムダ毛処理をするときに、剃刀などで強い刺激を受けて黒ずむ。

 

そんな普段の何気ない生活の多くのことが原因になっています。

 

そこで、ちょおの工夫を考えると、

  • ・柔らかめのインナーを選ぶ
  • ・すこしゆとりのあるサイズ感で選ぶ
  • ・お部屋では優しい素材のゆったりめの部屋着を着る
  • ・ムダ毛処理は肌ストレスの無い光脱毛器、除毛クリームなどを使う

そんな工夫もできますね。

 

特に自分でも黒ずみがひどいなって感じているなら、まずここから始めてみることができます。

 

女性ホルモンの影響

 

ホルモンバランスを崩すのはストレス。

 

・不眠は心身ともに不調をもたらす原因になって、自律神経などもアンバランスに。
・暴飲暴食や不規則な食事
・脂っこい肉類主体の食事
・アルコール過飲
そんなことは避けるようにしたいものです。

 

毎日が快適でゆったりしていることはとても大事な要素。
生活改善も対策の1つですね。

 

ビタミンをしっかり摂っている?

 

果実などで必要なビタミン類を摂ることができていますか?

 

美白コスメを使っている女性はわかると思いますが、ビタミンは黒ずみ対策になります。
美白系コスメには必ずビタミンが入っています。

 

まずなんといってもビタミンC。
美白系コスメには必ず入っているビタミン。
抗酸化作用でメラニンの抑制にいちばんのビタミン。

 

ビタミンCが入った果物は種類も多いので選ぶのも簡単。
ビタミンが不足すると、肌荒れやカラダの疲れが出るのですぐにわかります。
そんな時は即時補給です。

 

ビタミンCがたっぷり入ったドリンクも良いアイテム。

 

そして、わたしのオススメはビタミンB群です。
ビタミンCをプラスして日々摂るのがいいですよ。

 

わたしは自転車に乗ったりと、かなりアウトドアな趣味も持っていたので、紫外線対策は必須でした。
なので、ビタミンCにプラスして、肌や粘膜を整えるビタミンB群を毎日適量摂っていました。

 

それもあって、屋外で愉しむ時間がとても多い割には黒ずみはあまり出ていません。

 

もちろん、飲んだからすぐに美白できたりはしません。
でも、毎日摂ることで、着実、確実な肌ケアができる、予防になることは体験上からも間違いありません。
やってみてください。

 

ダイエットと同じで、続けることで体質が変わっていくのを感じることができます。
それまでは頑張る!

 

クリームなどのアイテムを使う

 

そして、最終手段はケアアイテムを使うこと。
このサイトでも、幾つかオススメしています。

 

デリケートゾーン専用のソープやウオッシュで美白ケアする。

 

その際には、やはりここにも潜んでいる黒ずみの犯人をしっかりと捕まえて改善。

 

  • ・洗い方を変える
  • ・洗うアイテムを変える

ことがとても有効です!

 

こすって洗うことでどうしても摩擦がおきます。
なので、

  • ・泡系の専用ソープで優しく洗い流す。
  • ・その後に専用ウオッシュで美白ケアをする。

 

この方法を続けることで、進行しないように予防できて、続ければ何らかの嬉しい結果も期待できます。

 

それでもなかなか上手くいかない、、、ていう女性も多いかな?

 

それにはとにかく続けることです。

 

大事なことですが、
☆肌の生まれかわるサイクルはおおむね3か月程度です
ですから、その間はしっかりとケアすることがとても大事。

 

他でもないデリケートゾーンのケアだけに、いっきにケアできるような過激な成分は不向き。
なので、肌に優しい成分でできている。
だから、しっかりと続けてケアすることがいちばん大事になります。

 

ダイエットと同じ。
年月をかけて太ったのに、いっきに痩せようとすると体に無理がくる。
肌ケアも。

 

強い美白成分で健康被害が出て社会問題になったことも、、、。

 

ここは、自分を大切にしてじっくりケアがいちばんですね。

 

こんなふうに、出来ることを続けていくことで、相乗効果で改善がすすむことが期待できます。

 

そして、黒ずみは女性ホルモンや体質が原因なので仕方が無いと割り切る。
そのうえで、良くなる選択と行動を続ける。

 

そんな気持ちで自分作りをすすめてみると良いと思います。

 

悩みや困りごとは次の悩みや困りごとを起こします。

 

行動しましょう!

 

okアイコン