↓公式サイトはこちら↓


デリケスキン

デリケートゾーン 黒ずみ ひどい そんな女性の困りごとをまとめてみた

デリケートゾーンの黒ずみは多くの女性が気になっていること。
肌ケアの中でもトップの悩み。

 

自分の体の一部なのに好きになれない。
特に、自分よりも他人の視線(彼氏とか)がとっても気になってしまう。

 

特に、vio部分の黒ずみは誤解を招くような不安がいっぱい。

 

でも、本当に黒ずみがひどいのでしょうか?
何か判断基準があってそう判断している?

 

自分の肌の色からわかる黒ずみ度

 

実は、デリケートゾーンの色は、「自分の肌よりもワントーン暗い」色合いなんです。

 

肌の色合いは、人さまざまですよね。
びっくりするくらい透き通った色白の女性から小麦色の健康肌色の女性まで。

 

そして、その普通の肌の色のワントーン落ちがデリケートゾーンの色。

 

日本人女性は色白ではない。
ほぼほぼいわゆる肌色からライトブラウン系の肌の色合いが多い。

 

そうなると、デリケートゾーンはそのワントーン落ちでブラウンっぽくなっている。
それが普通。

 

色黒なのにそこだけ凄く色白っていうことはほぼないはず。

 

つまり、デリケートゾーンの色は自分の肌で決まっているので、人と比べて悩むことは無いのですね。

 

ホルモンの影響はある

 

実際には、

  • ・ひだひだの部分だけが特に茶色くなっている

そんな女性はかなりいるようです。

 

これは女性ホルモンが原因。

 

子供を産んだ女性の多くは色素が沈着している。
子供を産むのは相当なストレス、刺激だから。

 

そうでないなら、ホルモンバランスが悪くなっているのかも知れませんね。

 

また、外界からの刺激が過剰なのかも。

 

ほかの部分よりもひだひだなど特定部分がハッキリと黒ずんでいるなら、ホルモンの影響かもしれません。

 

気にするしないはどう判断するの?

 

でもそこが実は問題、、、。
彼氏とかがほかの女性と比べて何か思っていないかな?
そんなまさにデリケートな心配事が起きる。

 

そして、ほとんどの男性は、女性に詳しくない(お医者様でも、美容系でも、薬剤師などでもないなら)。
それで、一部分の違いで妄想が膨れ上がる。

 

まさに、そこが悩みの種ですよね。

 

でも、キホン、自分の肌の色と比べてみれば、ほとんどの女性が思ったよりも黒くないと思われます。
平均値の色合いなんて無いのが実際。

 

不安が不安を増長させているのですね。

 

それでも、気になるので悩みワードの1位になっているのも現実。

 

そこで、あるクリニックに教えを頂いて、当サイトでの判断を掲載してみますね。

 

ビューティアップナイトブラ

 

肌トーンと比較しやすくグラデーションしてみました。

 

これで大雑把に比較してみて、

  • ・2トーン以上濃い色合い
  • ・ひだひだの先端から半分ぐらいが色濃くなっている

そんな判断ができるなら、何かしら手立てした方が良いと思われます。

 

こういったデリケートな問題を気に掛ける女性が多くなったので、ケアアイテムも充実してきています。

 

また、やはりあまりにも違い過ぎるくらい濃い色合いならば、皮膚科などで処置をしてもらうことも。
黒ずんだ部分を切除する手術もあります。

 

ということで、デリケート部分の黒ずみについてまとめてきました。
ご自分ではいかがだったでしょうか?

 

少し安心?やっぱり気なる?

 

どちらにしても、ここからどうするのか、そんなことを考えるベースになればいいなって思いながらまとめてみました。

 

心配よりも、さてどうしよっかなっていう感じで、これからのこと考えてみましょう。
このサイトでは、対処法やアイテムもご紹介しています。

 

いいオンナになるために?何かしら参考になれば嬉しいです!

 

いいねアイコン