↓公式サイトはこちら↓


デリケスキン

デリケートゾーンのひだ黒ずみに悩んでいる?

デリケートゾーンのなかでも、とくに自分以外の視線に触れるところでいちばん気にかかるのがひだの部分。

 

先端が黒ずんでいると、いかにも見た目が悪い、なんだか違和感というか女性っぽくない。

 

相手からどう思われるかなど、考えなくてもいいことばかりが気になる!

 

そんなデリケートゾーンのひだの部分の黒ずみについてまとめてみました。

 

原因はたくさんある

 

喫煙と肺機能の悪化みたいに、関係性がハッキリしていればいいのですが。
デリケートゾーンの黒ずみの原因はたくさんあって、加えて日常生活にそのものに根付いている。
それでなかなか対処が難しいところがあります。

 

ひだの部分となると、さらに体質なども影響が大きいようで、ますます難しい。

 

ひだの部分の黒ずみは、医学的には、ホルモンの影響とされています。
ホルモンが多く分泌されることでメラニンが多く造られて色素沈着する。
その結果ひだひだが黒くなる。

 

ほかにも、たくさんのストレスが黒ずみができる原因になっている、
・圧迫
・摩擦などの刺激
・出産などの強い刺激体験
・自転車
・硬い椅子
・低体温  etc、、、
もう枚挙にいとまがないですよね。

 

これを一つづつ改善しようと考えるだけでもう眩暈です(*_*;

 

自分を大事にする

 

結局は、大事にするっていうことが結論。

 

手にはハンドクリームをつけるし、毎日フェイスケアするし。
毎日お風呂で体を洗って、毛髪をお手入れする。
爪は切ってメンテナンス。
いろいろやっているのですが、vioはどうでしょうか?

 

結局は手間暇かけた部分がキレイになるのですから、デリケート部分もおなじということですね。

 

そして、ひだひだ部分も、注意すればするほど結果につながることもわかっています。

 

日常生活で、
・柔らかい素材やソフトなインナーを選ぶ
・排泄時には極力刺激を小さく拭く
・ナプキンなども優しく扱う
・硬い椅子なら座布団を敷く
・自転車にはパッド入りのカバーを付ける 、、、etc

 

考えればたくさん出てきます。
それを、どれだけ自分のためにできるかっていうことの違いでしょうか。

 

芸能人がキレイなのは、それが資源だからですよね。
自分自身がお金を生む、幸せの土台になっている。
でも、それは人間ならみな同じです。

 

自分をどれだけ大事にできるかっていうところで自分に気を配る。
太るきっかけがストレスっていうのが多いのは、自分を見失って粗雑になるから。

 

そういうわけで、日常生活で改善できることはするということがまずいちばん。

 

次に、体質を改善することもとても効果があります。

 

体温が低いと代謝が落ちます。
代謝が落ちると良いも悪いも循環が滞るので、ひだひだにも影響が出ます。

 

女性は子どもを産むので体内に溜め込む仕組みが働いています。
なので、デトックスもなかなか効きにくいんです。

 

そんなこともひだひだの黒ずみの一因。

 

改善するには、代謝をしっかりと上げることも有効です。

 

適度な運動で日常平時の新陳代謝を上げる。
一説によると、
「運動をしなくなった便利な社会に生きている現代女性のお肌は10代でも30代以降の若さ」に落ちているとか!

 

これは、代謝が落ちて老廃物などが滞っているのが原因。
ひだひだにも滞っているものがある!

 

知り合いの女性で、休日に軽い運動を始めて、週末だけ炭水化物からプロテインに変えた人います。
その人は「ひだひだの黒ずみが薄くなった」とか。
やはり代謝が良くなったからでしょうか。

 

適度な運動を続けると代謝が上がって体温が高くなってきます。
するとデトックスが働きます。
自然にからだに良い状態になるんですね。

 

それを助けるために、抗酸化作用のあるビタミン類を摂るのも良い方法。
水溶性ビタミンはすぐになくなってしまうので、毎日補給することで地味に効果が出ます。

 

ビタミンC、Bはほぼ毎日摂りたいです。

 

こんなふうに、
・日常生活で優しく扱ってあげるように工夫する
・代謝を挙げてデトックスする
・たんぱく質を摂る
・ビタミン補給をする
日々の改善努力で良い方向に向かうようです。

 

ひだひだの黒ずみは、最終的には「切除して再建」するなどの方法もあります。
でも、その前にやれることがあるなら、やりましょうっていう話しです。

 

・生活改善
・代謝向上
・デトックス
・栄養補給

 

この4つのことを実行することで、確実なケアができるという感じです。

 

okアイコン